All Rights Reserved. Please do so.(ネットで仕事に応募しないといけないと聞きました。—その通りです。そのように進めてください), 相手の言ったことを肯定し「その通りです」と伝える場合には、次のようなフレーズを使います。(1) That's right.王道フレーズです。thatは相手の言った内容を指す指示代名詞で、rightは「正しい」という意味ですね。直訳すれば「あなたが言ったことは正しい」となります。カジュアル会話でも使いますし、ビジネスの場面で使っても失礼にはなりません。文法的にはThat is right.ですが、会話ではthat'sと縮めて使うのが一般的です。フォーマルなビジネスシーンには不向きかも知れませんが、気心知れた間柄なら、主語にyouを用いてYou're right.としたり、省略してRight.(そのとおりだよ)と言ってもオーケーです。(2) That's correct.例(1)とほぼ同じですが、rightの代わりにcorrectを使ったものです。correctも「正しい」という意味ですが、動詞collect (集める)と混同しないようにご注意ください。ニュアンス的にはrightよりもフォーマルだとされます。ビジネス会話向きです。この表現もYou're correct.Correct.のように言う人もいます。相手とある程度以上親しく言葉を交わす関係なら使っても問題ありません。(3) Exactly.「まさに」という意味ですが、相手の言っていることが正しい場合に使います。フォーマルでもカジュアルでも頻繁に使われています。イギリス英語ではPrecisely.がよく使われる傾向にあるそうです。(4) Indeed.「実際」という訳語で紹介されることが多いですが、会話では「その通り」という意味も使われます。参考にしていただければ幸いです。, ★That’s right.(その通りです)「あなたが言っていることは正しいです」というニュアンスの表現です。少しカジュアルです。【例】I heard from my colleague that you are leaving this company soon. - 特許庁, この点については、何か亀井静香先生が突然打ち出したのではなくて、それは、それ以前の政権の8月30日の選挙の前に出した三党合意、確か6項目しかないのですよ、共通政策ですね。その中の一つにきちんと、当時大変厳しい時代でございましたから、それに似たような法律を実は民主党、社民党、国民新党で、参議院では通りましたけれども、残念ながら、衆議院は当時は過半数ございませんでしたので廃案になったのですが、当時、直嶋(元)政調会長だとか、私とかで法案を実は出しておりまして、当然衆議院では当時廃案になったのですけれども、基本的にそれを土台にしたことでございまして、そのことはぜひご理解しておいていただきたいと、こう思うわけでございます。例文帳に追加, This was not hammered out by Mr. Kamei out of the blue; it was based on the common policies agreed upon by the three parties before the August 30 election was announced by the previous administration. そうなんですよねえ。うちの学校でも同じです。, 1.That is correct.(その通りです)相手が自分にある内容について確認してきて、それが間違っていないと伝えるときに使う表現です。少しかたい表現ですが、「正しい」という意味が一番伝わります。<例>I have to fill out these documents, right?—That is correct.(この書類を書かなければいけないんですよね。—その通りです)2. - 特許庁. You get 20 % off.(この商品割引されますか?—その通りです。20%オフです。I heard that if I fail this exam, I might flunk this class.—That’s absolutely right!(この試験落ちたら、この授業の単位を失うかもって聞きました。—全くその通りですよ!), 話している相手によって、丁寧さの加減が変わってくるので、カジュアルなものから丁寧なものまで紹介します。・Yeah, that’s right. (うん、そうだよ)相手が確認してきたときに、「そうだよ〜」と答えるようなカジュアルな表現です。「うん、そうそう」のようなニュアンスです。カジュアルなので、友達や親しい人相手に使います。<例>I have to eat before the event, right?—Yeah, that's right.(イベントの前に食べなきゃだめだよね。—うん、そうだよ)・You are right/correct.(その通りです)「言う通りです」「間違いありません」「相違ありません」「おっしゃる通りです」という意味です。「correct」のほうがかたい表現です。どちらもシーンは選びません。<例>I have to submit this papers by tomorrow, right?—You are correct.(明日までにこの書類を提出したないといけないんですよね。—その通りです)・Your understanding is correct. I cannot get a refund for this purchase. 「その通り」という言葉をビジネスシーンで敬語として使うことについて、本当に正しいのか考察しています。また、敬語だけでなく、意外と違いやすい「その通り」の読み方についてもご紹介しているので、敬語いついて学びたい方はぜひ参考にどうぞ。 「その通りです」・直訳すると「あなたは正しい」となります。You are absolutely right.