一番簡単そうに占えるのが干支診断 辰年と戌年~自由な辰と堅い戌で仲良くなるのが難しい相性です。共同作業はどちらも真面目なので案外うまくいきますが、プライベートでは心を開いても共感するのが難しい関係です。 5.2 辰年と恋愛の相性がいいのは巳年! 6 辰年の仕事運の特徴は企画力で勝負. 1950年 寅年(とらどし)    亥年(いのししどし)と子年(ねずみどし)の相性 全体的な相性 まずまずの相性です。優しい子年とは気楽に付き合えますが、口下手な子年の気持ちを気遣う必要があります。 家族との相性 子年とはお互いを思いやれる家族になる事ができます。 友達との相性 干支で相性の良し悪しを調べるのは十二支を円で書き表した関係で知ることが出来ます。五行思想では裏干支・支合・三合と相性の解釈の仕方が何通りかあります。 生まれた年によって決まっている干支。12種類ある干支の種類は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥からなっていることは、みなさんよくご存知でしょう。星座や四柱推命で性格や運勢を占う方が多くいらっしゃいますが、じつは干支でも占うことができるのです。 をご紹介します, 参照https://goo.gl/lZoX4V 寅年男性は慎重で、物事を深く考える性格です。何事にも入念な計画を立ててから行動を起こすので、失敗が許されないような仕事では …, 申年男性の性格 寅年の女の5つの特徴といえばコレ! 好奇心が旺盛 寅年の女性はとても好奇心が旺盛。自分が興味を持ったものにはとことん執着する傾向があります。人間関係でもこの好奇心がとても表れ、すぐに知り合 … 和暦 寅年 ~お互い強運で気は合いますが踏み込み過ぎないのがコツ 兔年 ×~嫌な思いをする相性 辰年 ×~イラつく相性。 巳年 ~辰のフォローをしてくれるのが巳です 午年 ~協力し合える友好的な相性 丑年男性は努力家で、多少の困難も乗り越えられるほどタフな精神の持ち主です。さらに、頭の回転が速く、判断力に優れているので、 …, 酉年男性の性格 申年の男性は人懐っこく、社交的な性格の人が多いです。そのため人から頼られることが多くいつも周りには人が絶えません。感情豊か …, 亥年男性の性格 丑年と寅年の相性について、ちょっと気になるポイントを見ていきたいと思います。どちらも忍耐力が強く成功する運を持っている干支ですが、一緒になるとどのような運勢になるのでしょうか。自分の性格や性質の良い面を生かす為には、相性がとても大切。 辰年と卯年~卯の裏表のある性格に辰は不信感を感じ、共感ができない相手です。同等の立場ではうまくいかないので辰が上になる関係じゃないと難しそうです。, ④悪い相性の干支診断「刑」・・・辰年の「イラつく相性」は辰年で「自刑」の関係 辰年と酉年~自信過剰の辰年を論理的にいさめるのが酉年です。酉は辰のアイデアや夢を具現化してくれますので、酉には我を出さずに仲良くするのを心掛けると得をします。, 参照https://goo.gl/MT4lNB ②悪い相性の干支診断「破」・・・辰年が「振り回される相性」は丑年 ①良い相性の干支診断「三合」・・・辰年の三合「協力し合える関係」は 子年と申年 寅年と亥年~活発で行動的な共通点のある寅と亥ですが、気が合えば支え合える関係になれます。お天気屋の亥年の気持をフォローし高める事ができればよい関係でいられます。 Sponsored Link 【寅年】寅年と相性が悪いのはなに年? ———————————————————— 1951年 子年の男性は現実的な考え方ができる人が多いです。実現可能な目標を立て、それに向けてコツコツ努力することができます。また、男 …, 卯年男性の性格 自分の考えに正直で裏表のない性格なので、思ったことはすべて正直に伝えま …, 辰年(たつどし)生まれの性格や特徴・相性・2020運勢を徹底解説!|恋愛から運勢まで分かる干支占い. 【辰年】辰年と相性が良いのはなに年? 【年】年と相性が悪いのはなに年? 巳年の男性は、現実主義でとても用意周到な方です。何にでも綿密に計画を立て、きっちりと成し遂げる方が多いのも巳年男性の特徴の …, 寅年男性の性格 昭和2 …, 子年男性の性格 戌年の男性は堅実なタイプが多いです。言動の端々から真面目な人柄が感じられるでしょう。行動力もあり特に上司からは良い部下だと …, 丑年男性の性格 Copyright (C) 2020 話題ネタ!会話をつなぐ話のネタ All Rights Reserved. 辰年男性は真面目で、とても実直な方が多いです。また、発想力に優れており、ほかの人が思いつかないような豊かなアイデアを生み出すことができます。しかし、飾り気がなく、お世辞なども言わないので、初対面の人には好かれにくいでしょう。反対に、付き合いが長くなるほど、内に秘めた発想や情熱に人は夢中になり、物凄く愛されることになります。飾り気がないといっても、裏を返せばそのストレートさは魅力にもなり得ます。誰かが言い出しにくいことも、辰年男性の率直な性格ならばきっと言えるはずです。, 辰年女性は、感性が豊かで文芸の才能に恵まれている人が多い傾向にあります。また、誠実さも持ち合わせた純情家で、色々な人に敬愛されるでしょう。恋愛では、一目惚れをしたりされたりと機会にも恵まれ、更には最終的には好きな人と結ばれる艶福家でもあります。ただ、猜疑心が強く、普通は何も思わないような所を疑問に思って大きな波紋となってしまうことも。まずは相手や物事を信じて、接していくことが人間関係をうまく発展させる鍵となります。, 辰年生まれの人には感受性があります。感性豊かな考え方から生み出されるアイデアの数々はどれも奇抜です。感受性が優れているということはつまり、他の人にはない視点で物事を見つめられるということに他なりません。, ですので辰年の人は天才肌と言われることが多く、実際才能に溢れた人物が多いという特徴があります。感性は言い換えればセンスのことなので、時代を切り開く力を持っている場合が多いのです。どんな才能を持っているかに気づきさえすれば、大成することでしょう。, さらに辰年だからこその感性に惹かれる人も多いです。傲慢にさえならなければ、カリスマ性のある人として、周囲を引っ張るリーダーになることもできるでしょう。このように感性の豊かさは、様々な面で力を発揮するというわけです。, 辰年の基本的な性格は、突拍子もないアイデアを思いつくことです。人よりも感受性が豊かなところがあり、発想力にも優れているため、芸術的才能に溢れている傾向にあります。そのうえ頭の回転が速いという特徴もあり、それゆえか文章力に秀でています。, 他の人にはない感受性から溢れ出る言葉の数々は、人を惹きつけるものがあります。頭が良いということはすなわち分かりやすい文章を書けるということでもあるため、辰年の人には文才があります。, 実際、辰年は作家に向いているとも言われており、小説家として活動している人も多いです。もちろん作家に限った話ではなく、コピーライターやエッセイストなど、文章にかかわる仕事ならなんでも向いていると言えます。, 辰年は空想上の生物、龍のことを指しています。空想の中の生物というだけあって、辰年の人は発想力に優れている傾向にあります。言い換えれば常識に囚われない考え方ができる柔軟な思考の持ち主ということです。, 誰もが思いつかないようなアイデアを閃くことができ、唯一無二の発想力を持っているため、時代を切り開く大人物になれる可能性が高いです。実際辰年の特徴の一つに先見の明に優れているというものがあるため、流行に先んじたアイデアを思いつけるかもしれません。, こうした発想力こそが辰年のポジティブな特徴と言えます。誰にも真似できない才能と言い換えても良く、常識はひとまず置いておき、思いつく限りの発想を実行に移していくと大成功するかもしれません。, 柔軟性や客観性に富み、物事を冷静に見られるという長所がある辰年の人。しかし、時にはその性格のために、周りからは冷たく素っ気ないと評価されてしまうことが少なくありません。, 本人からすれば、結論の見えた事態や話に全力を投じるのはうまくないと思って距離を置いているだけなのですが、傍からすると、その態度が気に入らないということで、不和の原因にもつながりかねない部分です。, 皆、案外内心では辰年の態度が理にかなっていると思っているからこそ、ぶつかり合いが出てくるわけですね。もちろんクールな態度を貫き通すのも良いですが、場合によっては若干熱があるフリをしてみせるというのも手です。, どの道、結論が変わらない以上、自分の評価を下げる事態を呼び込まない方が賢いという部分もあるかも知れません。, 辰年生まれは積極性や行動力があり、集中力も高いです。一つのことに対して意識を集中させたときはとてつもない力を発揮します。反面、熱が冷めるのも早いです。いわゆる熱しやすく冷めやすいタイプであるため、長続きしません。, 辰年の人は非常に好奇心旺盛であるため、いろんなことに興味が向くのです。ですので興味を惹かれたものはとことんまでのめり込みますが、すぐに別のものに意識が向いてしまうため、いろいろなものに手を出してしまう傾向にあります。, それに加えて行動力に溢れているため、興味を惹かれたら即座に動き始めます。周囲に流されることなく自分のペースで動くタイプなので、周りを巻き込んで思わぬチャンスを掴むかもしれません。, その一方ですぐに飽きてしまうため、芽が出る前にビッグチャンスを手放してしまう可能性が高いです。なので根気強く続けることも大事だと言えます。, 建前と本音の部分で大きく違いがあるのはままあることですが、辰年の人に関して言えば、本音の部分でも二面性があると見なされることがままあります。, のんびりしている時と激しく気持ちをぶつけている時のギャップがあるために、こうした評価になってしまうことが少なくないのです。, また、愛想をふりまいたりといった処世術の部分にさほど関心を払っていない気質のため、好悪の差が極めて多く出てしまい、相手から悪印象を持たれかねない部分にもなっています。, もっとも、多くの人が言う「二面性」というのは本音と建前の裏表を指すことが多く、性格的にメリハリがあってもそれほど嫌われたりはしないものです。態度を取り繕うよりも、自分の性格はこうだと、周りに認知して貰った方が良いかも知れません。, 自分の生活を犠牲にしてまで恋愛にうつつを抜かしたり、恋人の為に自分の考え方を変えることをしない真面目人間です。, 恋心は変わりやすいものだということを知っていてそんな物よりよりお金や仕事に真剣になるのです。結婚を前提とした交際ならするが、どうなるか解りもしない恋愛には興味が薄いようです。, 自由な発想力を持ち、懐が広い一方で、何を考えているのか分からないと評価されてしまいがちなのが辰年の人です。, 仕事上では毎日の働きで補うことは十分に可能ですが、より距離が近く、将来を左右しかねない恋愛の場となると、どこまで本気なのか分からないと受け取られてしまい、後々に至るまでネックとなりかねないのが正直なところです。, ここは、少々照れ臭くても、本当に好きな相手に対しては正直に好意を伝え、相手の返答を待つというのはベターかと思います。, そうすれば、意中の人以外への対応を無理に変えたりしなくても、思いは伝わってくれるので、周囲からも怪しまれず、結果としてより良い形で関係を進めていくことが可能になってくるでしょう。, 優秀で貫禄があり、しかも希少性の高い分野で実力を発揮するなど、まさにスター性十分な辰年の人は、恋愛の方面においても、多くから熱視線を集めることにもなることが多いですが、実際満足できる交際につながるかというと難しい面もあります。, しかし、巳年の人であれば、辰年の人の意外なほどの二面性や、逆鱗に触れたかのような感情の変化にも、クールかつ理知的な面が強いため十分に対応することができ、また、うまくなだめてくれるなど、内心期待しているベターな反応も期待できます。, また、タイプが近いところもあるので、何でもないような話題でも好みがカチっと一致し、退屈することがないのも恋愛相手として最適なところと言えるでしょう。, 【干支占い】巳年(へびどし)生まれの性格や相性、特徴を徹底解説!運勢や守護神もご紹介!, 同じように仕事をしていくにも、強引なほどの突破力で道を切り開いたり、クレバーなほどの組織力を活かして販売実績を上げたりと、様々な結果の出し方があります。, 中でも、辰年の人に向いているのは、柔軟な思考力や広い視野を活かした方法を選んでいくことです。具体的には、より優れた企画力を活かして、アイディアで他の人を先んじるようなやり方でスパートをかけていくのが適していますね。, もちろん、実働ではなく企画担当に回ったりと、自分のポテンシャルをより活かせる部署に回っておくのも悪くない考え方ですし、いいやり方を開発して、他のところから仲間を引き寄せていくのも優れた方法の一つでしょう。, 仕事運を上げるポイントは、辰年ならではの発想力にあります。辰年の人は常識に左右されない奇抜な発想力を持っており、そのアイデアの数々はきっと周囲をあっと言わせるはずです。, 反面、あまりにも奇抜すぎて、周囲から賛同を得られない恐れがあります。そうなっては逆に仕事運が下がってしまいます。なので常識に囚われない発想でありながら、なおかつ次の仕事に繋がるアイデアを生み出すことが大事です。, 奇抜なアイデアは諸刃の剣でもあるため、自分自身の身に不利益が被らないように注意しましょう。だからといって失敗を恐れすぎて、常識内の発想力に留まっていては仕事運も向上しません。, ときには勝負に打って出るのも重要です。自分自身の力を信じて、とんでもないアイデアをぶちかましてみましょう。, 能力が高く瞬発力もある辰年ですが、状況や気分によって態度が一変したり、ビシリと感情的になったりすることもあるので、周りから敬遠されてしまうことがあります。, 能力的には認められつつも、一緒に何かをするのは、と思われて距離を取られてしまうわけですが、申年の人であればかなり事情は違ってきます。, コミュニケーションの能力に長け、何かと相手の気持ちを汲んでくれる申年の存在は、孤高に至りやすい辰年にとってもありがたく、また申年にとっても強力な実働をしてくれる辰年は理想的なパートナーと言えるでしょう。, また、一緒にいることで、互いの弱点を補え合えるので、他の人を惹きつけることにもつながり、業務全体が円滑になっていく効果も期待できるでしょう。, 【干支占い】申年(さるどし)生まれの性格や相性、特徴を徹底解説!運勢や守護神もご紹介!, 2020年の辰年のテーマは「地に足をつけること」です。頑なな思考や心を柔らかくすることが運勢アップのコツです。, 辰年はチャレンジ精神が旺盛なので、いろいろなことにチャレンジすることが多かったはず。昨年まで蓄えてきた力をより強固にすることが2020年の使命となります。, また、辰年はどんなことにも立ち向かう精神力があるために、自分を信じる力が強い傾向があります。その分周囲を頼ることが少し苦手。ほっと一息つける場所や相手が少なく、いっぱいいっぱいになってしまうこともあるかもしれません。, 2020年は肩の力を抜いて、足元がふらついたときには寄りかかれるような存在に出会える1年でもあります。弱い自分も受け入れて、自分も他人も愛せる1年になるでしょう。, せっかちなタイプである辰年の守護神となってくれるのは普賢菩薩です。冷静な物の見方が出来るように、精神的な支えとなってくれるでしょう。物事の本質を見抜くことに優れた辰年ですが、緊張状態に置かれると焦ってしまいがちであると言えます。そうした短所を、少しずつ改善させていく上で、普賢菩薩は大きな力を授けてくれるのです。一つ一つの出来事を丁寧に見定めて、自分の行動に反映させることが可能となります。将来を見据えて、いかに自分らしく対峙していけるか考える切っ掛けも与えてくれるのです。落ち着いて、最良の答えを見出す姿勢を、時間をかけてゆっくり育んでいけるでしょう。大局観を持って真実に迫る力をもたらしてくれます。, ココナラで個人鑑定を始めました! 西暦 昭和25年 卯年の男性は、とても器用で研究心の旺盛な方です。交友関係も広いため、常に新しい出会いに恵まれ、卯年の人当たりの良さから見て …, 戌年男性の性格 生まれた年によって決まっている干支。12種類ある干支の種類は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥からなっていることは、みなさんよくご存知でしょう。, 星座や四柱推命で性格や運勢を占う方が多くいらっしゃいますが、じつは干支でも占うことができるのです。, ここでは、子年(ねずみどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介します。, 子年は、平成20年、平成8年、昭和59年、昭和47年、昭和35年、昭和23年、昭和11年、大正13年生まれの人が当てはまります。, 基本的にいつも明るく快活で、周囲の人との交流を楽しむことができるのが子年の人です。子年の人のまわりには、つねにたくさんの人たちが集まってきます。, 協調性はありますが、自分の意見はしっかりと述べます。好きなものや好きなことへはたっぷりと愛情をそそぎますが、そうでないことへは興味を示すことはありません。, 怒りっぽかったり、涙もろかったりと、感情表現が豊かな子年の人。そういった人間らしさも、多くの人たちを惹きつける魅力のひとつになっています。, パワフルな子年の人は、他人のことにもいつも全力です。少々お節介に思われるほど、他人の相談にのったり、意見を言ったりします。, 人見知りすることがほとんどありません。どんな状況にも、臨機応変に対応できる器用さがあります。, 金銭的に極端に不自由をすることなく、生活できます。貯蓄が得意な人も多いのが特徴です。ただし、名声・社会的地位などとは、縁遠い運勢となっています。, こまかい数字やデータを追いかけるような仕事が向いています。頻繁に転職をするよりかは、ひとつの場所に落ち着いて、コツコツ結果を積み重ねていくほうが、信頼を得ることができます。, 「この人だ!」と直感した子年の人は、もうその人のことしか見えません。あまりひねくれた考え方はせず、好きな気持ちをなによりも優先させます。, 社交的で明るい子年の人のまわりには、同性・異性問わず、人が集まります。そのため、「出会いがなくて・・・」という言葉とは縁遠いのです。, 好きな人には、自分をなによりも優先してもらいたいと考えるため、嫉妬心をむき出しにすることがあります。ときには、相手の気持ちを想像することも大切です。, 基本的に白黒つけたがる子年の人ですが、相手との関係性が変わるのをおそれ、はっきりとした答えを出さないこともあります。, 男性であれば、家庭のため仕事に励み、自宅でも家事や育児に積極的に参加します。女性であれば、まるで一家の太陽のように明るく家庭を包むタイプです。, 切磋琢磨するライバルのような間柄にはなれず、ただ不快に感じたり、邪魔だと思ったりする間柄です。, おたがいに、おたがいのことがまったく理解できません。当事者のみならず、まわりをも巻きこみ、混乱を引き起こす間柄です。, 子年であれば、卯年(うさぎどし)の人がその関係になります。ただし、辰年、午年、酉年(とりどし)、亥年(いのししどし)の人には、当てはまりません。, 三刑に当てはまらない、辰年、午年、酉年、亥年の人は、ほかの干支からの干渉を受けないとされています。精神的に独立している人が多く、自然と孤立してしまうことも。自分で自分を苦しめてしまう、という意味で自刑とよばれます。, 以上の関係性を踏まえたうえで、以下でさらにくわしく、子年生まれと12の干支の相性をひとつずつみていきます。, 同じ干支の似た者同士、関係はスムーズに進みます。ただ、少々物足りなく感じることも。刺激的な日々、とはなりません。, 第一印象はあまりよくないかもしれません。徐々に、相手が自分と同じような性格・価値観をもっていることに気がつき、関係を深めていくことができます。よき理解者となれる、よい間柄です。, 子年の人も、寅年の人も、アクティブです。そのため、一緒にいると退屈しません。ときに意見がぶつかることもありますが、あと腐れがない関係です。, 子年、卯年、どちらの人も外面はよくすることができますが、内心おたがいのことがまったく理解できず、言葉を交わすことにストレスを感じます。他人に興味がある子年の人にとって、他人に関心のない卯年の人は薄情にみえるのです。, ずっしりと頼りになる辰年の人と、少し子どもっぽいところがある子年の人の相性はとてもよいといえます。辰年の人は感情表現をあまりしませんが、子年の人がくみ取ってあげることが大切です。, 少々粘着質な巳年の人に、子年がついていけなくなりそうな関係です。子年の人も嫉妬深かいところはあるので、理解することはできますが、おたがいに子どもっぽさがぬけません。, とにかく意見がぶつかり、対立します。話し合いで解決するのもむずかしいでしょう。近寄らないのがいちばんです。, 一見すると性格が似ていてわかり合えそうな印象がありますが、同族嫌悪する関係となります。相手のために何かをしてあげよう、という気持ちには一切なりません。, 子年の人は感情表現が豊かですが、逆にいえば自分の機嫌をコントロールすることが苦手です。申年の人は、人の感情を、感覚的に汲み取ることに長けています。そのため、申年の人といっしょにいると、子年の人は居心地がよいでしょう。, 悪い間柄ではありません。このふたりが一緒にいる場合、どうしても子年の人が戌年の人に頼られる関係になります。, おたがいに物怖じしない性格のため、さっぱりとした付き合いが望めます。気は合いますが、なかなか恋愛関係には発展しないでしょう。, 2018年は、グッと堪えるような1年になります。運気は上がってきてはいますが、まだ停滞中。多かれ少なかれ、問題を地道に解決したり、調整するなど、細々とした作業が必要になりそうです。, 2018年は大きな出来事はありませんが、その分、なにか目標をたて、準備期間にあてるにはふさわしい時期です。やりたいこと、やるべきことをしぼって、前向きにトライしていきましょう。, 子年(ねずみどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介しました。, 明るく愉快で、素直な子年の人。そんな子どもらしさが残る子年の人を、うらやましく思う人はたくさんいます。「いいな、わたしもああなりたい」と思われることはもちろんいいことなのですが、このニュアンスにはいろいろあります。, 長所と短所は紙一重とはよくいったもので、「(人のことを考えずに行動するなんて、迷惑な奴。人のことを考えずに無責任なことができて)いいな、わたしもああなりたいな(人としてはどうかと思うけどね!)」と、思われていることだってあるのです。, 子年の人の素直さは失ってほしくはありませんが、いちど立ち止まり、周りを見渡す余裕を意識してもつことができると、よりよい関係を多くの人と築くことができるでしょう。.   日本では古来から親しまれている干支は、人の運勢や性格的特徴を把握する際にも役立つものです。そこで、今回は辰年生まれの人の性格や特徴を、男女別に詳しく取り上げていきましょう。特に運勢や自分の性格的特徴が気になる辰年生まれの人は、注目してみてください。 【早稲田穴八幡2020~2021】冬至一陽来福で金運上昇ご利益!空いている時間は?. 亥年の男性の性格は嘘がつけないほどの正直者です。 【年】相性が悪い干支の人との付き合い方 辰年と丑年~ライバル視してしまうのが丑です。丑が辰を掌で転がします。辰が自重しないと喧嘩が絶えない関係になりますので、上下関係があるほうがまだ納得がいく相手となります。, ③悪い相性の干支診断「害」・・・辰年と「邪魔しあう相性」は卯年   ①悪い相性の干支診断「冲(ちゅう)」・・・辰年の「天敵のような相性」は戌年   干支 未年の男性はコツコツと努力を続ける勤勉タイプが多いです。人と対等に誠実な態度で接するため上から目線ということがありません。 …, 午年男性の性格 誰とでもうまく付き合うのは人間力にあり!. 辰年と申年~気持も通じやすい申。厳格な辰と決断の早い申で組むと良い結果を出しやすくなる相性です。, ②良い相性の干支診断「支合」・・・辰年と「順調な関係」は酉年 Copyright © 2017 占い@DEEP All Right Reserved. 現在や未来、相手の気持ちはもちろん、守護霊やタロットから導かれたアドバイスをお届けします。, https://8761234.jp/wp-content/uploads/urasoe-logo-05.png, 1950年~1959年までの干支早見表 五行で悪い相性の判断は十二支を円く書き表した時に「向かい側に来る干支」になります。「向かい干支」「裏干支」とも呼ばれます。 69歳 参照https://goo.gl/MT4lNB